CFAレベル1試験60日前にするべきこと

受験日までいよいよ60日がきりました。不安と期待でいっぱいな受験者が多いかと思います。私の経験ですが、実は、この60日間で集中して勉強することが大事です。それと同時に、科目ごとの優先度をあらためて確認することが重要となります。

科目別推定問題数

合格への優先度は、Financial Reporting and Analysis 、EthicsとQuantitative Analysisです。

Financial Reporting and Analysis、EthicsとQuantitative Analysisの3科目で試験全体の47%を占めます。また、次の3科目のFixed Income, Equity Investment, Economicsまで合わせると77%となります。

Quantitative Analysisは、Fixed Income、Corporate Finance、Derivativeとの関連性が高いです。Quantitative Analysisは統計も受験範囲なので、苦手意識が多い方ようですが、レベル1では難しい問題は出てこないと可能性が高いので、安心してください。また、現在価値の考え方をしっかりと押さえておくと理解度と正解率が高まると思います。

今日のアドバイス

今日のアドバイスとしては、まずは勉強する優先順位を決めることです。まずは、最初の5日間はFinancial Reporting and Analysisに絞って勉強してください。勉強方法は、各ReadingごとにあるPractice Problemsを解いてください。そして、実際に問題を解くのにかかった時間を計って、全問解いてみてください。そして、正解率が50%以上でかつ時間が問題ひとつにつき120秒であればとてもいい感じです。

本番では1問当たり90秒のペース配分です。今、1問120秒ぐらいであればすごく良いできです。1問3分以上であれば、気合を入れて勉強してください。

CFAレベル1受験者向けのメルマガを無料で購読できるので、興味がある方は下記のリンクから登録してください。
メルマガ登録リンク

カテゴリー: 2015年 CFA直前コース, CFAレベル1受験講座, CFA受験について, CFA受験対策 タグ: , , , , , , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA